筑波大学自然保護寄付講座
 

博士前期課程

     
 

教育の特色

世界遺産専攻では、遺産の保護に関わるさまざまな分野の研究と教育を通じて、文化遺産およびに自然遺産の保存・修復、自然遺産の保護に関わる国際的な舞台で活躍する専門家の育成を目指しています。

本専攻は世界遺産をはじめとする多様な遺産の保存に必要な方法論の修得とマネージメント能力、および保存に関する技術的・科学的判断能力を修得することにより、国内外の遺産保護・活用に係わる人材を養成します。 文化-自然、有形-無形など、多種多様な遺産の保存には、多くの学問分野の専門知識が求められます。

そのため、世界遺産専攻では、哲学、宗教学、考古学、生物学、美術史、建築史、建築計画、都市計画、造園学、観光学、分析化学など、様々な分野出身の専任教員と授業担当教員による講義が行われています。また、文化庁において文化財保護行政に携わっている専門家を非常勤講師として迎えることにより、政策的課題やその対策、国際的動向など、行政における最新の情報を知ることができます。

遺産の保存に関わるには、専門知識を学ぶ講義に加えて、歴史的建造物や考古遺跡、伝統集落・農業景観、出土遺物や展示品など、現実に存在する遺産と向き合い、遺産が有している価値や直面している問題を知ることが重要です。そのため、講義に対応する演習を組み合わせ、実践的な知識の習得を図り、考え、解決する能力を訓練します。 世界遺産専攻の教育プログラムは、文化庁の協力を得て進められている他、国外の関連機関とも連携して行われています。

平成19年度からは、ドイツ連邦共和国ブランデンブルク工科大学コットブス校との間で学術交流及び協力が継続され、これまでに多数の学生が1年間を最長とした交換留学に参加しています。また、ユネスコ、イクロムの指導によって運営されているアジアン・アカデミーにメンバーとして加盟し、アジアン・アカデミーが主催するワークショップに多くの学生が参加しています。 ぜひ、筑波大学大学院の世界遺産専攻で、皆さんに向けて大きな一歩を踏み出してください。