筑波大学自然保護寄付講座

 

News and Events

ニュース・イベント
12345
2018/06/18new

入試説明会(報告)

Tweet ThisSend to Facebook | by office
京都、筑波、東京で入試説明会を開催しました。
大勢の学生さんに参加いただきました。

筑波会場(20180608)
11:54
2018/06/04

博士論文公開発表会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by office

下記の要領で博士論文の公開発表会を開催いたします。

 

開 催 日 : 平成30620日(水)1230から1330まで

場  所  : 筑波大学芸術学系棟 B203

発 表 者 : 末森 薫

 

論文題目:敦煌莫高窟に描かれた規則性を備える千仏図の研究

当発表会はどなたでも参加できます。 ぜひご参加ください。


13:20 | イベント
2018/06/01

章さん、西邑さんが日本造園学会奨励賞を受賞しました

Tweet ThisSend to Facebook | by office

西邑雅未さん(修了生)
「歴史的な鑑賞・観光の対象としての筑波山の景観に関する研究」
 
章璐さん(博士後期課程)
「中国における現代芸術の場としての芸術区の変遷に関する研究」



10:47 | ニュース
2018/04/23

世界遺産専攻セミナーのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by office

この度敦煌研究院副院長の趙 声良先生をお招きして世界遺産専攻セミナーを
開催いたします


日時:2018520(日) 13001600

場所:筑波大学東京キャンパス1階 119講義室

 

『世界の敦煌!』-敦煌莫高窟における保護と研究の両立を考える-

     敦煌研究院 副院長 趙 声良

 

『敦煌莫高窟の鑑賞入門』

     筑波大学世界遺産専攻 教授 八木 春生

詳細は下記をご覧くださいませ
世界遺産専攻セミナーチラシと告知文.pdf


開催は終了いたしました。

HPで開催日の曜日が間違っており、ご来場の皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしました。
心よりお詫び申し上げます。


11:26 | イベント
2018/04/10

新入生オリエンテーション(報告)

Tweet ThisSend to Facebook | by office
2018年4月6日 新入生オリエンテーションがありました。
世界遺産専攻17名、世界文化遺産学専攻4名の新入生を迎えました。

11:22 | ニュース
2018/04/09

入試説明会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by office



筑波大学大学院 人間総合科学研究科 博士前期課程世界遺産専攻 

入試説明会を下記の要領で開催いたします。

多くの方のご来場をお待ちしております。  

 

【第1回】 京都会場 終了しました

 日 時 2018527日(日)1830分~2000

会 場 キャンパスプラザ京都 演習室5

 地 図 →こちら

 

【第2回】 つくば会場終了しました

 日 時 201868日(金)1815分~2000

 会 場 筑波大学人文社会学系棟B218(セミナー室(大))

 地 図 こちら
 つくばまでのアクセスマップ こちら

 

【第3回】 東京会場終了しました

 日 時 2018610日(日)1400分~1600

 会 場 筑波大学東京キャンパス文京校舎 117番講義室

 地 図 こちら 
 丸ノ内線 茗荷谷駅下車「出口1」徒歩2分程度

 

◆参加申し込み方法
-----事前申し込みは締め切りましたが、当日会場にお越しいただけましたら
  参加できます。

参加希望者は66()1700までに下記入力フォームからお申込みください。
申込フォーム


(問い合わせ先)

305-8571 茨城県つくば市天王台1-1-1 共同研究棟A202号室

筑波大学大学院世界遺産専攻・世界文化遺産学専攻事務室

TEL&FAX 029853-7099

officeheritage.tsukuba.ac.jp(●→@)


10:22 | 入試情報
2018/04/04

Workshop announcement

Tweet ThisSend to Facebook | by office

UNESCO Chair on Nature-Culture Linkages in Heritage Conservation

Capacity Building Workshop on Nature-Culture Linkages in Heritage Conservation in Asia and the Pacific: Disasters and Resilience

Dates: September 21 – October 1, 2018

Place: University of Tsukuba,Japan

Organized by the UNESCO Chair on Nature-Culture Linkages in Heritage Conservation at the University of Tsukuba, in cooperation with the UNESCO World Heritage Centre, IUCN, ICCROM and ICOMOS.


The CBWNCL

 

Heritage Conservation is an evolving practice, and one of the current debates focuses on identifying and recovering the connections between nature and culture sectors.This exchange has become instrumental for the interpretation, conservation and sustainable management of both natural and cultural heritage sites.

 

The purpose of the Capacity Building Workshops on Nature-Culture Linkages in Asia and the Pacific (CBWNCL) is to contribute to the World Heritage Capacity Building Programme led by ICCROM and IUCN, in consultation with ICOMOS and the UNESCO World Heritage Centre, in developing new approaches towards integrated conservation of cultural and natural heritage. These workshops started in 2016, explore nature-culture linkages with focus on theory and practice in Asia and the Pacific Region. The visit to Japanese heritage sites forms a core component of the programme where participants conduct practical work. Participants will be able to understand issues and explore approaches being adopted in the field.

 

The first workshop under the theme “Agricultural landscapes” was held in September 2016, which was inaugurated with an international symposium at the University of Tsukuba, and with field visits to the Noto Peninsula and the Historical villages of Shirakawa-go and Gokayama, World Heritage site since 1995. 14 participants coming from the culture and nature sectors from 9 countries in Asia and the Pacific (Philippines, India, Australia, Bangladesh, Sri Lanka, Taiwan, China, Turkey, Indonesia) and 2 countries from other regions (Latin America, Colombia and Africa, Ghana) gathered with international and Japanese experts during the workshop. The second workshop was dedicated to “Sacred Landscapes” and was held in September 2017. This time, the workshop closed with the Second International Symposium on Nature-Culture Linkages in Heritage Conservation. 16 participants from 13 countries in Asia and the Pacific (Australia, New Zealand, Philippines, Vietnam, Myanmar, China,Indonesia, Sri Lanka, Solomon Islands, Papua New Guinea, Kyrgyzstan, India and Cambodia) 1 from Europe (France) and 1 from Africa (Ghana), visited along with international experts on the heritage field as well as Japanese professionals and site managers, the Sacred Sites and Pilgrimage Routes of the Kii Mountain Range. 


15:09
2018/03/30

学位授与式

Tweet ThisSend to Facebook | by office
学位授与式が2018年3月23日に挙行されました。(於:筑波大学人文社会学系棟B218)

10:18
2018/03/08

博士論文公開発表会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by office

下記の要領で博士論文の公開審査会を開催いたします。終了しました

 

開 催 日 : 平成30319日(月)1100から1200まで

場  所 : 人文社会学系棟B 2 218号室(セミナー室・大)

発 表 者 : 渡邉 真菜美

 

論文題目:

国立公園指定と世界遺産登録における吉野の評価とその背景

Evaluations of Yoshino at the NationalPark Designation
and the World Heritage

Inscription and their Backgrounds

当発表会はどなたでも参加できます。 ぜひご参加ください。

 

 


11:43
2018/02/23

保存科学研究室の被災美術品支援活動

Tweet ThisSend to Facebook | by office
保存科学研究室(代表:松井俊也教授)が、熊本地震により被災した御船町の故田中憲一作品群に支援活動を行い、熊本県御船町長から感謝状が届きました。
詳細は下記URLをごらんください。

https://www.tsukuba.ac.jp/news/n201802221533.html
10:13 | ニュース
2018/02/07

博士論文公開発表会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by office

下記の要領で博士論文の公開発表会を開催いたします。 終了しました

 

開 催 日 : 平成30219日(月)1100から1200まで

場   所 : 人文社会学系棟B  2 218号室(セミナー室・大)

発 表 者 : 李 雪

 

論文題目:

中国貴州省における少数民族の穿闘式木造民家の建設に関する研究

-黔東南ミャオ族トン族自治州公納村を対象として-

THE CONSTRUCTION OF GHUANDOU-SYSTEMWOODEN HOUSES IN MINORITY NATIONALITY REGIONS IN GUIZHOU PROVINCEOF CHINA

-Case study on Gongna Village, Miao-DongAutonomous Prefecture of Qiandongnan-

当発表会はどなたでも参加できます。ぜひご参加ください。



13:47 | イベント
2018/02/05

修士論文公開発表会(報告)

Tweet ThisSend to Facebook | by office
平成29年度修士論文公開発表会が2月2日に開催されました。修士の学生が取り組んだ
研究の成果について発表し、参加者が熱心に聴き入りました。



17:34 | イベント
2018/01/24

世界遺産専攻修士論文公開発表会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by office

平成29年度 筑波大学 人間総合科学研究科              終了しました
博士前期課程 世界遺産専攻修士論文 公開発表会                  
                        

 日 時 平成30年2月2日(金)10:00~16:00

 

 場 所 筑波大学人文社会学系棟B 2 218号室(セミナー室・大)

   (TXつくば駅 隣、つくばバスセンター6番停留所から
             筑 波大学中央または大学循環右回りバスに乗車、
            「第一エリア前」下車)

    H29年度修士論文公開発表会.pdf


09:36
2017/12/28

世界遺産専攻事務室休室のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by office

世界遺産専攻事務室は、年末年始の下記の期間休室となります。

休室期間:20171229日(金)~201813日(水)


12:27
2017/12/15

保存科学演習:中国の西北大学と学生交流

Tweet ThisSend to Facebook | by office
 2017年11月23~28日、世界遺産専攻保存科学研究室松井敏也教授及び博士後期課程2年生の周さん、Anaさん,博士前期課程1年生の相澤さん、深見さん、田さん一行が保存科学演習で中国の西安に行きました。
 24日に,筑波大学一行は中国の西北大学文化遺産学院を見学し、交流活動を行いました。午前、西北大学の文化遺産学院にて日中学生の研究発表会が開催されました。両方合わせて10人の学生が現時点で行っている研究についてプレゼンをし、活発な情報交換が行われました。

写真:学生たちが各自の研究テーマについてプレゼンをしています

写真:発表会の後、筑波大学一行と西北大学の皆さんが孔子像の前に記念写真を撮りました

11:13 | 学生ニュース
2017/12/12

博士論文発表会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by office

下記の要領で博士論文の公開審査会を開催いたします    終了しました

 

開 催 日 : 平成30112日(金)1400から1500まで

場   所 : 人文社会学系棟B  2 217号室(セミナー室・小)

発 表 者 : 西邑 雅未

 

論文題目:筑波山における風景の変容

                   The Transitioning Landscape of Mt.Tsukuba


09:32 | ニュース
2017/09/26

学位授与式

Tweet ThisSend to Facebook | by office
学位授与式が9月25日に挙行されました。(於:大学会館ホール)
博士前期課程では李祥菡さん、博士後期課程ではアルセ ヒュットマン イメさんが修了証書を受けました。


10:35 | ニュース
2017/09/20

II International Symposium

Tweet ThisSend to Facebook | by office
II International Symposium         終了しました。
Nature-Culture Linkages in Heritage Conservation
Asia and the Pacific
Sacred Landscapes

UNESCO Chair on nature-culture linkages in heritage conservation
●Organizer:  Office of the Certification Programme on Nature Conservation, 
World Heritage Studies, University of Tsukuba
●Date: September 26, 2017 10:00-17:00
●Venue: Tsukuba International Congress Center Epochal Hall 300
              2-20-3 Takezono, Tsukuba, Ibaraki, 305-0032 Japan
●Fee: Free

13:34
2017/08/10

博士論文発表会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by office

博士論文発表会のお知らせ    終了しました

 

博士論文審査委員会を実施するにあたり、「人間総合科学研究科学位

論文審査実施等に関する申合せ」に基づき、学位申請者による学位

論文の概要の発表及び主査・副査による質疑と応答に係る部分を

下記の通り公開で行います。

 

開 催 日 : 平成29822日(火)1100から1200まで

場   所 : 人文社会学系棟B  2 217号室(セミナー室・小)

発 表 者 : Imme Arce Huttman

 

論文題目 :

Present and Future of Cultural HeritagePolicies in Central America

中米諸国における文化遺産政策の現状と今後


11:34 | ニュース
2017/07/05

世界遺産委員会(ポーランド クラクフ)

Tweet ThisSend to Facebook | by office
74日、ポーランドのクラクフで開催中の世界遺産委員会のサイドイベントで筑波大学世界遺産専攻・自然保護寄附講座のMaya Ishizawa研究員が、筑波大学のアジア太平洋地域の遺産保護における自然と文化の関係に関する人材育成ワークショップについて発表しました。
この日はランチタイムのサイドイベントにおいて
ICCROM, IUCN, ICOMOSが行っている自然と文化の関係に関する人材育成に関する発表が続きました。ICCROMJoe King氏から、ノルウェー政府の支援により、今年6月にノルウェーのロロスで開催された世界遺産リーダーシッププログラムの報告があり、続いて筑波大学世界遺産専攻・自然保護寄附講座のMaya Ishizawa研究員から、2016年から4年計画で実施しているアジア太平洋地域の遺産保護における自然と文化の関係に関する人材育成ワークショップの報告をしました。



《発表を行うMaya Ishizawa研究員》



15:22 | イベント
12345