教育の特色

世界文化遺産学専攻は、遺産保護に関わる多くの問題や課題に取り組む高度専門家および研究者養成を目的とする世界で初めての世界遺産研究の博士課程です。

遺産の保護には、個々の遺産そのものに関する学術的調査・分析・評価および保存修復技術の研究や開発はもちろんのこと、遺産を巡る諸条件、持続的保護へ向けての管理運営が不可欠です。開発途上国や紛争・経済的問題を抱える地域などでは、文化遺産の保護の実現は国際協力に頼らなければなりません。ユネスコは、大きな努力をこうした途上国の遺産保護活動に傾注していますが、危機的状況への国際的対応は決して十分とは言えません。

このように遺産の保護に関わる状況は複雑にして多面的であり、世界遺産保護の専門家として、アジアをはじめ広く国内外で活躍するためには、理論と技術の両面において、既設の修士課程「世界遺産専攻」修了後さらに高度な専門的知識と研究能力を修得する必要があるとの認識から、修士課程と同様に文化庁の協力を得て開設が実現しました。

ユネスコ・世界遺産センターでのインターン実施(選抜制)、ドイツ連邦共和国ブランデンブルク工科大学コットブス校との交流協定、ユネスコ、イクロムの指導によって運営されているアジアン・アカデミーへの参加など、国内外の関連機関と連携しながら行われる特色ある教育プログラムにより、博士課程では、まず、文化遺産領域での専門研究が進められます。世界遺産保護に教育・研究機関としての大学が果たす役割は大きく、博士課程から世界遺産保護の未来を担う専門家が育ち、多彩な活動が展開されることを願ってやみません。